グアムのオプショナルツアー予約&観光旅行情報

グアム

グアムの観光ガイドを一覧から探せます。
ハガニアは、現在 5件 登録されています。

スペイン広場

Plaza de Espana

ハガニア

Plaza de Espana

ハガニア(アガニア)の中心地にある広場。かつてスペインの総督邸があったところで、スペイン総督邸跡や、チョコレート・ハウス、聖母マリア大聖堂など見どころがたくさんあります。スペイン広場、スペイン橋など、半日程ゆっくりと探索したいエリアです。また、この一帯はグアムの行政の中心地で、グアム議会やグアム政府など数々の政府機関が集まっています。

[ 続きを表示 ]

[ 【スペイン広場】 詳細ページへ ]

ラッテストーン公園

Latte Park

ハガニア

Latte Park

マリアナ諸島に残る石器時代の遺跡であるラッテ・ストーン。高さ約2.5mのコケシ型の石柱が並んでいますが、何に使用されていたかは未だ謎につつまれています。公園近くにはチャモロビレッジもあります。 

[ 続きを表示 ]

[ 【ラッテストーン公園】 詳細ページへ ]

パセオ公園

Paseo de Susana Park

ハガニア

Paseo de Susana Park

ハガニア川からボートベイスンにかけてハガニア湾に突き出した人工の半島の一帯がパセオ公園です。パセオ球場をはじめ、バスケットボールコートやジョギングコース等があり、グアム随一のスポーツ・エリアといえます。タモンのホテルからは車で約15分。半島の先には高さ5M自由の女神が星型の台座の上にたっており、ニューヨークの自由の女神の約1/10の大きさです。

[ 続きを表示 ]

[ 【パセオ公園】 詳細ページへ ]

ハガニア大聖堂(聖母マリア大聖堂)

Dulce Nombre de Maria Cathedral-Basilica

ハガニア

Dulce Nombre de Maria Cathedral-Basilica

スペイン広場(Plaza de Espana)」の東側に建つ、美しい白亜の教会は、サン・ビトレス神父によって1669年に建てられ、日曜日の朝のミサはもちろん、公式の宗教行事の多くが行われています。この建物は、グアムで最も格式高いカトリック教会でもあり、第2次大戦後の1958年に建て直された2代目です。大聖堂には、金色のハサミを持ったカニとともにグアム島南部の海岸に漂着したといわれる「聖母マリア像(Santa Maria Camalin)」が安置されています。
毎年12月8日の「カマリン婦人記念日」には、この聖像をかつぎ、パレードが行われます。

[ 続きを表示 ]

[ 【ハガニア大聖堂(聖母マリア大聖堂)】 詳細ページへ ]

知事官邸

Government House

ハガニア

ラッテストーン公園の東側の坂を登りきると、グアムの知事官邸が見えてきます。チャモロとスペインの文化を両方取り入れた建造様式で、現在の建物は1976年の超大型台風パメラによる損傷後に再建されたものです。

[ 続きを表示 ]

[ 【知事官邸】 詳細ページへ ]

アウトリガー ビーチサイドバーベキューディナー

  • ウェスティンスターライトバーベキュー

  • パラダイスアクア

  • レオパレスリゾートカントリークラブ

  • オンワードビーチリゾート

  • オリーブスパリゾート

  • ジョーズジェットスキー

AI love Guam グアムのこと
AIが答えるよ

↑

  • グアム・サイパン・パラオ専門店

    ミクロネシア地域専門のランドオペレーターとして
    年間20万人以上の取扱い(2017年実績)

  • お得なオプショナルツアー予約

    アクティビティ・観光・グルメなど
    豊富なツアーから探せます!WEB割も!

  • 現地ツアーデスクがサポート

    グアム・サイパンにツアーデスク(コンチャ/JTB/PMT)あり
    パラオに提携ツアーデスクあり

Copyright © Pacific Micronesia Tours. All rights reserved.