パラオのオプショナルツアー予約&観光旅行情報

パラオ

パラオの基本情報を一覧から探せます。
文化・歴史は、現在 4件 登録されています。

歴史

文化・歴史

パラオの初期の歴史は、今なお不明な部分が多く、なぜ、どのように人々がこの島に辿り着いたかは分かっていません。しかし、最近の研究によれば、今日のパラオ人はインドネシアのマレー人や、ニューギニアのメラネシア人、ポリネシア人などの遠い親戚にあたるとのことです。最初の人々が辿り着いた時期については、ロックアイランドにある最古の村落やバベルダオブ島にある台地から発掘された道具類の年代測定から、およそ紀元前一千年頃と推定されています。

パラオ人と外国人との最初の接触は、イギリス人ヘンリー・ウィルソン船長率いるアンティロープ号が、コロール島とペリリュー島の間のウーロン島付近の暗礁に乗り上げて難破したときの1783年になります。ウィルソン船長とその部下たちは、船を修復する3ヶ月間滞在し、以来、多くの探検家がパラオを訪れ、この島は更なるヨーロッパ人たちとの接触に晒されることとなりました。

外国人による統治は、1885年、ローマ教皇レオ三世がカロリン諸島のスペインによる統治を承認したときから始まりました。フランシスコ会修道士2人と信者2人により2つの教会が建築され、ローマ字が持ち込まれ、その結果、部族間の闘争が終結されました。1899年、スペインはドイツにカロリン諸島を売却し、ドイツはこの島の資源開発に組織的に取り組みました。

第一次世界大戦でのドイツの敗戦に伴い、ベルサイユ条約の下、1919年にカロリン諸島は日本に正式に委任統治されました。パラオの文化に与えた日本の影響は今なお絶大で、経済活動や所有権・財産権を部族から個人へと移行させ、1922年にコロール島は南太平洋における行政管理の中心地となり、工場や商店、公共浴場、飲食店、薬局などが立ち並ぶ華やかな町として栄えました。

第二次世界大戦での日本の敗戦に伴い、カロリン諸島・マリアナ諸島・マーシャル諸島は国連信託統治地域としてアメリカの行政管理下に置かれ、その中の一地域として現在のパラオが名付けられました。アメリカは信託統治を通してパラオを独立国家とするためにインフラや教育制度の整備・向上を行い、その成果により、1994年10月1日にパラオはついにアメリカとの自主独立協定を締結して正式な独立国家となりました。

【年表】
1885年:スペインによる植民地化
1899年:ドイツによる植民地化
1919年:日本による統治開始
1947年:国連信託統治地域となり、アメリカによる統治開始
1981年:パラオ憲法施行、自治政府を発足
1994年:パラオ共和国として独立(10月)。国連加盟(12月)。

[ 【歴史】 詳細ページへ ]

文化

文化・歴史

パラオは昔、ベラウと呼ばれていました。初期の探検家たちはこの地をロス・パラオス(Los Palaos)、ニュー・フィリピン(New Philippines)、ペリリュー(Pelew)などど呼び、またスペインはカロリン諸島と呼んでいましたが、最終的にドイツが現在の名称である「パラオ」と名付けました。

パラオの村落は、伝統的に母系氏族により構成されており、その中で女性も男性も定められた規範を厳格に守っていました。村落は酋長の会議により統治され、一方で土地や金銭の管理、酋長の選出などに関する顧問的な役割も担っていました。また、女性たちは主に家事や家族の世話などに従事していましたが、同時に、パラオの伝統や文化、村落や氏族の継承に関する子供たちへの教育に関する責任も担っていました。
人々はタロイモ畑を耕したり、海の浅瀬から貝を採集したりして生計をたてていました。海は男の領域であり、自然に立ち向かって漁を行い、それによって村落の生計や権勢を維持していました。
村落間の闘争が日常的にあり、男たちはそのために「バイ」と呼ばれる集会場に集まって会合を開いたり、カヌーの製作や武器の技術の習得に多くの時間を費やしていました。

今日、現代文化の影響の下、パラオの人々は自分たちの文化の保護、特に若者たちへの継承に多大な努力をしています。毎年、幾つかの文化活動が実施されますが、特に「オルオテル・ベラウ・フェア」ではパラオの16州が参加し、それぞれが独自のダンスや歌、美術工芸品、料理などを披露しています。

骨董風ガラスを貼り付けたビーズは「ウドウド(Udoud)」と呼ばれ、出産・結婚・葬式・新居の建築・酋長の選出といったあらゆる伝統行事の際に使用されます。通常、女性たちは黒い綿の紐にビーズを1つ付けているだけですが、特別な行事の際は「iek」と呼ばれるネックレスにして身に着けます。

伝統的な会議を行う場所を「バイ」(または「アバイ」)と呼び、それぞれの村落に幾つかのバイが存在します。バイの木造建築は金属を一切使用しておらず、その技術としても素晴らしいものです。外壁と内壁にはパラオ全土に伝わる物語を題材にした装飾が施されています。

[ 【文化】 詳細ページへ ]

言語

文化・歴史

公用語は英語とパラオ語です。(主に英語)

日本統治時代の影響から、年配の方を中心に日本語が通じる人も多くいます。また、日本語がそのままパラオ語になった言葉も多く存在します。例えば、センキョ(選挙)、ベントウ(弁当)、エモンカケ(ハンガー)、ベンジョ(便所)、サルマタ(パンツ)など。今の日本では殆ど使わないような言葉もあるから驚きですね。

[ 【言語】 詳細ページへ ]

祝祭日

文化・歴史

01月01日:お正月(New Year's Day)
03月15日:青年の日(Youth Day)
05月05日:敬老の日(Senior Citizen Day)
06月01日:大統領の日(President's Day)
07月09日:憲法記念日(Constitution Day)
09月第一月曜日:労働者の日(Labor Day)
10月01日:独立記念日(Independence Day)
10月24日:国連の日(United Nation's Day)
11月最終木曜日:感謝祭(Thanksgiving Day)
12月25日:クリスマス(Christmas)

※2013年7月現在の情報です。変更となる場合がありますので、出発前にご確認ください。

[ 【祝祭日】 詳細ページへ ]

「基本情報」内検索

パラオの基礎情報

世界遺産:南ラグーンとロックアイランド
気候:海洋熱帯気候(常夏アイランド)
日本との時差:なし
日本からのフライト時間(直行便):約4時間半
通貨:ドル
公用語:英語
繁華街:コロール島

  • パラオ土産

  • パラオガイドブック

↑

  • グアム・サイパン・パラオ専門店

    ミクロネシア地域専門のランドオペレーターとして
    年間20万人以上の取扱い(2017年実績)

  • お得なオプショナルツアー予約

    アクティビティ・観光・グルメなど
    豊富なツアーから探せます!WEB割も!

  • 現地ツアーデスクがサポート

    グアム・サイパンにツアーデスク(コンチャ/JTB/PMT)あり
    パラオに提携ツアーデスクあり

Copyright © Pacific Micronesia Tours. All rights reserved.