パラオのオプショナルツアー予約&観光旅行情報

パラオ

パラオの基本情報を一覧から探せます。
お役立ち知識は、現在 5件 登録されています。

電圧

お役立ち知識

電圧は110〜120ボルト、周波数は60キロヘルツ。短時間であれば日本の家電製品の使用や充電等も可能です。
長時間使用する場合は、変圧器の利用をおすすめします。

[ 【電圧】 詳細ページへ ]

飲料水

お役立ち知識

水道水(生水)は、飲料用には適していません。飲料用には一般的に販売されているミネラルウォーターをおすすめします。

[ 【飲料水】 詳細ページへ ]

電話のかけ方

お役立ち知識

【日本からパラオへ】
<固定電話から>
▽マイライン・マイラインプランに加入済み
国際認識番号(010)+国番号(680)+相手の電話番号(市外局番から/最初の「0」はとる)
▽マイライン・マイラインプランに加入なし
電話会社番号(*)+国際認識番号(010)+国番号(680)+相手の電話番号(市外局番から/最初の「0」はとる)
(*)NTTコミュニケーションズ(0033)、KDDI(001)など
<携帯電話から>
国際認識番号(010)+国番号(680)+相手の電話番号(市外局番から/最初の「0」はとる)
※詳しくは各携帯会社のサイトをご確認ください。

【パラオから日本へ】
<ホテルからのダイヤル通話の場合>
外線番号+011+国番号(81)+市外局番(最初の0は不要)+相手の電話番号
※通話料は$2〜$4.25/1分間が目安。ホテル規定のサービス料がかかる場合があります。

[ 【電話のかけ方】 詳細ページへ ]

チップ

お役立ち知識

パラオではチップの習慣はありません。但し、ホテルでのサービスを受けた場合はチップを渡すことが通例になっています。
ベルマンやルームサービスには$1程度、ベッドメイキングには各ベッドに$1程度が目安です。

[ 【チップ】 詳細ページへ ]

手紙の出し方

お役立ち知識

日本へ手紙・絵ハガキを送る場合は、ホテルのフロントに依頼するのが便利です。記入済みの手紙・絵ハガキをフロントに持っていくと、切手を貼り(フロントで精算)、投函してくれます。宛名・住所は日本語で大丈夫です。但し、「AIR MAIL」と「JAPAN」だけは英語で書いてください。
郵送には2週間程度の時間がかかりますので、余裕をもっての投函をおすすめします。

郵便局からの投函もできます。郵便局の営業時間は8時〜17時。土、日、祝日休み。パラオの切手をお土産として購入することもできます。

[ 【手紙の出し方】 詳細ページへ ]

「基本情報」内検索

パラオの基礎情報

世界遺産:南ラグーンとロックアイランド
気候:海洋熱帯気候(常夏アイランド)
日本との時差:なし
日本からのフライト時間(直行便):約4時間半
通貨:ドル
公用語:英語
繁華街:コロール島

  • パラオ土産

  • パラオガイドブック

↑

  • グアム・サイパン・パラオ専門店

    ミクロネシア地域専門のランドオペレーターとして
    年間20万人以上の取扱い(2017年実績)

  • お得なオプショナルツアー予約

    アクティビティ・観光・グルメなど
    豊富なツアーから探せます!WEB割も!

  • 現地ツアーデスクがサポート

    グアム・サイパンにツアーデスク(コンチャ/JTB/PMT)あり
    パラオに提携ツアーデスクあり

Copyright © Pacific Micronesia Tours. All rights reserved.