パラオのオプショナルツアー予約&観光旅行情報

文化・歴史 パラオ

言語

 

公用語は英語とパラオ語です。(主に英語)

日本統治時代の影響から、年配の方を中心に日本語が通じる人も多くいます。また、日本語がそのままパラオ語になった言葉も多く存在します。例えば、センキョ(選挙)、ベントウ(弁当)、エモンカケ(ハンガー)、ベンジョ(便所)、サルマタ(パンツ)など。今の日本では殆ど使わないような言葉もあるから驚きですね。

[ 文化・歴史 ] 

パラオの観光・オプショナルツアーはこちら

現地でのフリータイムを利用してアクティビティ・体験にチャレンジしてみませんか?マリンスポーツ、観光、トレッキング、ディナーショー、エステ、ゴルフなど、豊富ツアーを掲載中。

オプショナルツアーを探す

「基本情報」内検索

パラオの基礎情報

世界遺産:南ラグーンとロックアイランド
気候:海洋熱帯気候(常夏アイランド)
日本との時差:なし
日本からのフライト時間(直行便):約4時間半
通貨:ドル
公用語:英語
繁華街:コロール島

  • パラオ土産

  • パラオガイドブック

↑

  • グアム・サイパン・パラオ専門店

    ミクロネシア地域専門のランドオペレーターとして
    年間20万人以上の取扱い(2017年実績)

  • お得なオプショナルツアー予約

    アクティビティ・観光・グルメなど
    豊富なツアーから探せます!WEB割も!

  • 現地ツアーデスクがサポート

    グアム・サイパンにツアーデスク(コンチャ/JTB/PMT)あり
    パラオに提携ツアーデスクあり

Copyright © Pacific Micronesia Tours. All rights reserved.