パラオのオプショナルツアー予約&観光旅行情報

【情報随時更新中】パラオ現地のコロナ対策最新情報まとめ

パラオ旅行をご検討されているみなさまが安心してパラオ旅行を楽しんでいただけるために、現地の最新情報および各施設の感染対策情報を本ページではご案内いたします。

*情報は随時更新をしています。

  1. パラオ国内最新情報 2022年8月9日(火)更新
  2. パラオ出入国および日本入国情報 2022年6月15日(水)更新
  3. 各施設別感染対策案内 2021年12月10日(金)更新

パラオ国内最新情報

最新の感染状況&ワクチン接種状況について

新規感染者数:2人(8月9日現在)
現感染者数:15人(8月9日現在)
回復者数:5,226人(8月9日現在)
最新の感染状況一覧はこちら

パラオ出入国および日本入国情報

〈パラオ出入国時〉
パラオ入国には、ワクチン接種証明書と日本出発前1日内(グアム経由の米国入国要件のため)に受検した検査(PCR検査(鼻咽頭ぬぐい、咽頭ぬぐい、鼻腔ぬぐい及び中鼻甲介ぬぐいの検体)又は抗原検査)による陰性証明書の航空会社への提出が必要。海外渡航用ワクチン予防接種証明書は市区町村が発行するものが使用可能。
●パラオ到着後の検疫措置は、パラオ入国後4日間の自己健康観察及び常時マスクを着用する。(*これまで行われていた入国後4日目の検査は義務付けされなくなったが3-5日目の検査が推奨されている。)
●パラオ出国前、(日本入国用の)新型コロナウイルスPCR検査(鼻腔ぬぐい:Nasal Swab)をパラオ国立病院で受検(検査日時は出発前1日以内)。陰性証明書は必ず陰性証明書(パラオ国立病院発行の陰性証明書の見本)と見比べて確認(不備があると日本入国拒否、パラオへの送還となる可能性あり)。

〈日本入国時〉
●日本の水際措置は、2022年6月1日以降以下のとおり見直し。
・入国時検査の免除
・入国後の自宅等待機期間なし
  パラオから入国・帰国する方は、有効なワクチン3回目接種の有無に関わらず、入国時検査が免除され、また、入国後の自宅等待機は求められない。
・入国後24時間以内に自宅等待機のために自宅等まで移動する場合に限り、公共交通機関の使用が可能。
●日本入国時に必要な陰性証明書の要件のうち、検体に「鼻腔ぬぐい液」が追加され、有効な検体とみなされる
(※鼻咽頭ぬぐい液、唾液、鼻咽頭ぬぐい液と咽頭ぬぐい液の混合検体、鼻腔ぬぐい液が有効。パラオ出国前の検査では、鼻腔ぬぐい液の検体によるPCR検査のみ実施)。

●成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港及び福岡空港からの入国者は、入国者健康居所確認アプリ(MySOS)上で検疫手続の一部を入国前に済ますことができる「ファストトラック」の利用が可能。

引用元:在パラオ日本国大使館のパラオ出入国、日本入国情報ページ
詳細は、在パラオ日本国大使館のパラオ出入国、日本入国情報ページをご覧ください。

各施設別感染対策案内





パンデミックセーフティプログラムに参加したホテル、レストンラン、オプショナルツアー会社は下記のステッカーが貼ってあります。

※上記情報の最終更新は2022/08/09です。

↑

  • グアム・サイパン・パラオ専門店

    ミクロネシア地域専門のランドオペレーターとして
    年間18万人以上の取扱い(2019年実績)

  • ホテル・オプショナルツアーがお得

    ホテル・アクティビティ・観光・グルメ etc.
    現地体験のさまざまな予約ができます!

  • 現地ツアーデスクがサポート

    グアム・サイパンにツアーデスク(コンチャ/JTB/PMT)あり
    パラオに提携ツアーデスクあり

Copyright © T.P. Micronesia, Inc. All rights reserved.