サイパンのオプショナルツアー予約&観光旅行情報

サイパン

サイパンの観光ガイドを一覧から探せます。
伝説の話は、現在 4件 登録されています。

チーフ・アグルブ

Cheif Aghurubw

伝説の話

Cheif Aghurubw

1815年故郷であるサタワル島は巨大な台風で破壊された為、酋長のアグルブはカロリン諸島の人々を連れ安住の場所を求め故郷を跡にしました。彼らは優れた航海術を持っており何百マイルもの航海の末マリアナ諸島にたどり着きました。彼等の子孫が現在のサイパン民族の「カロリニアン民族」です。

サイパン上陸前に休憩をされたとするのが「マニャガハ島」。カロリニアン語でマニャガハ島とは「ちょっと一休み」と言う意味です。チーフ・アグルブのお気に入りの場所だったマニャガハ島には今でも伝統的な冠を被り、手には杖と背の高い黒い帽子、公的移住許可書を持ったチーフ・アグルブの像と彼のお墓があります。彼のお墓の後ろにある大きなカジュマルの樹はパワースポットと言われています。

[ 続きを表示 ]

[ 【チーフ・アグルブ】 詳細ページへ ]

聖母マリアの祠

Our Lady of Lourdes Shrine

伝説の話

Our Lady of Lourdes Shrine

キャピタルヒルからクロスアイランドロードを南下し、右手の小さな看板を左折したところにあります。終戦後に生き長らえたことを神に感謝するとしてマリア像が安置されました。良質の水に恵まれないサイパンですが、この地には井戸水があり、奇跡を起こした聖水として伝えられています。毎年2月中旬にはこの地区で祭礼が催されています。

[ 続きを表示 ]

[ 【聖母マリアの祠】 詳細ページへ ]

オールドマン・バイ・ザ・シー

Old Man by the Sea

伝説の話

Old Man by the Sea

東海岸のプロフィール・ビーチにある、海を見つめる老人の顔の形をした岩です。ローカルの間では精霊が宿っているので人間が近付いてはいけないと言われています。

[ 続きを表示 ]

[ 【オールドマン・バイ・ザ・シー】 詳細ページへ ]

ラッテストーン

Latte Stone

伝説の話

Latte Stone

古代チャモロ民族最古の遺跡である“ラッテストーン”。サイパンのシンボルとして国旗のデザインにも使われていますが、未だに何に使用されていたのか解明されていません。多くの学説がある中で、優れた建築技術を持っていた当時のチャモロ民族が住居などの建造物の基盤として使用していたと一般的に考えられています。また、1番有名な遺跡はテニアン島の“タガストーン”です。

[ 続きを表示 ]

[ 【ラッテストーン】 詳細ページへ ]

ゴルフ特集

  • ワールドショッピングプラザ

  • サイパン現地スタッフブログ

  • RAKUなびサポート

  • マニャガハ島

便利なレンタル

↑

  • グアム・サイパン・パラオ専門店

    ミクロネシア地域専門のランドオペレーターとして
    年間20万人以上の取扱い(2017年実績)

  • お得なオプショナルツアー予約

    アクティビティ・観光・グルメなど
    豊富なツアーから探せます!WEB割も!

  • 現地ツアーデスクがサポート

    グアム・サイパンにツアーデスク(コンチャ/JTB/PMT)あり
    パラオに提携ツアーデスクあり

Copyright © Pacific Micronesia Tours. All rights reserved.